危ないぎょーざの固有方程式

危ないぎょーざの固有方程式

エリート留年候補生のブログ

吉田寮問題一連の流れと思うこと~たいわおこんかんとしたじゆうのがくふうかっこわら~

僕は別に京大生でも吉田寮生でもない.

f:id:argentum0x20FD51:20180930152433j:plain

先日,僕は京都大学学生寄宿舎吉田寮に宿泊した.
吉田寮は1913年竣工,築105年の現棟と築5年の新棟によって構成される自治寮であり,東大駒場寮や東北大明善寮,北大恵迪寮などと合わせて日本四大自治寮と呼ばれることも多い.ただし東京大学駒場寮は既に廃寮となっており,東北大学の明善寮は大学当局が入寮選考を行っている.そのためこの四大自治領の中で現在でも寮自治会が昔ながらの自治を行っているのは恵迪寮と吉田寮の二つのみとなっている.
しかし,今その吉田寮も廃寮の危機に直面している.

もくじ

前半(吉田寮自治会の動き)はウインナーコーヒーの記事と同じくらい硬めに,後半(ぼくのかんがえ)はいつも通りな感じで書いてあるので,いちよね. ウインナーコーヒーとかいう黒歴史掘り起こしてくるのやめろよw

以下に吉田寮問題や退去通告などに関する一連の流れを簡単にまとめる.
これは吉田寮タイムズに掲載されている情報や寮生などから直接聞いた話,吉田寮広報室や吉田寮祭,その他寮生あるいは関係者などのTwitter上での発言をまとめた僕の認識であり,以下に記述する事柄について事実であると肯定しうる根拠を僕は持ち合わせていない.確かに存在するのは副学長と結ばれた確約書のみである*1

老朽化対策に関する近年の吉田寮自治会の動き

~2014年

1980年代から京都大学当局(以下大学当局とする)と吉田寮自治会(以下寮自治会とする)は吉田寮の耐震性など老朽化にかかる問題について度々交渉を行ってきた*2

2015年

2月12日に寮自治会は現棟の補修について大学当局と交渉を行い,杉万俊夫副学長と確約を結んだ.150212確約書*3には現棟は補修する方向で検討すること(項目6),老朽化対策については寮自治会と誠意を持って合意形成する努力を行うこと(項目2),当事者と話し合うことなく一方的な決定を行わなず,話し合い・団体交渉は交渉の場で行い,一方的な条件をつけないこと(項目4)などが書かれている.また,項目17に確約の全項目について時期の副学長に責任を持って引き継ぐことが明記されている.しかし,それ以降大学当局は3月9日の交渉を最後に同年7月には新規入寮者募集を停止することとや順次新棟に転居していくことを要求し,大学のホームページ上にも公開した.これに対し寮自治会は抗議し,7月29日30日の交渉において杉万副学長は確約違反であったことを認め,入寮募集停止提案の撤回を目指した団体交渉を行うことなどを含めた確約を結んだ.しかし,それ以降交渉の場が持たれることはなく10月1日に杉万副学長は体調不良を理由に辞任,後任に川添信介教授が就任した.川添副学長は就任後,団体交渉を拒否し少人数の寮生代表者とのみ話し合うという方針を打ち出した.これは先述の150212確約書の項目4に反していることは言うまでもない.当然寮自治会はこれに抗議し,入寮募集を続けた.

2017年12月19日

大学当局は「吉田寮の安全確保についての基本方針」と題した文章(以下基本方針とする)を大学のホームページ上に公開した*4.基本方針には老朽化を理由に平成30年1月以降,吉田寮への新規入寮は認めないこと,全寮生が平成30年9月末日までに退舎しなければならないことなどが書かれている.翌日20日に寮自治会は吉田寮公式サイトにて『20171220「吉田寮生の安全確保についての基本方針」に対しての抗議声明』を公開した*5.寮自治会はその後も半年以上にわたって複数の抗議声明や質問状などを作成し,発表している*6. 基本方針は寮自治会に対し事前に相談することなく大学当局により一方的に決定され発表された.これは”大学当局は吉田寮の運営について一方的な決定を行わず,吉田寮自治会と話し合い,合意の上決定する.(150212確約書項目1より抜粋)”と定めた過去の確約*7に違反しており,寮自治会の権利を侵害する行為である.

2018年6月29日

自治会は当局に対して交渉の申し入れを行い,同年7月13日に2015年7月以来3年ぶりとなる寮自治会と大学当局の交渉の開催が決定した.

2018年7月7日

吉田寮広報室の公式Twitter,特設サイト「吉田寮を守りたい」が開設.広報室に関しては正直なところ開設が遅すぎる.

2018年7月13日

自治会と大学当局の3年ぶりとなる交渉が行われた.
同月15日に寮自治会が吉田寮タイムズにて交渉報告.翌日16日吉田寮祭のTwitterアカウントが吉田寮タイムズと交渉に関するツイートをする.

川添副学長は寮生に対し「君たちと合意形成をするつもりはない」「もっと暇な時であれば話してもいいが、いま京大にとって喫緊の課題は『吉田寮生全員が出て行く事』。納得して出て行ってほしいが、納得しなくても出て行ってもらう」と発言,現棟の老朽化対策について大学当局が検討している案の開示を求めると「いくつかの案を検討しているが、いま発表すれば混乱を招くからやらない」「そもそも大学が学生に情報を開示する必要はない」と発言した*8.これらは明らかな確約違反である.川添副学長の確約違反はこれに始まったことではないが,対話を根幹とした自由の学風を掲げる京都大学としてこのような発言はいかがなものか.

2018年7月25日

吉田寮問題を題材としたドラマ「ワンダーウォール」がNHK BSプレミアで21:00-22:00に放送される.9月17日14:00-14:59にNHK総合で再放送された.

2018年8月3日

自治会が記者会見を開く.

2018年8月24日

吉田寮タイムズが発行される.発行日前日に吉田寮祭が寮を取り巻く状況も含めたツイートをする.

2018年8月30日

大学当局と第二回の交渉が開かれる.9月3日に寮自治会が吉田寮タイムズにて交渉報告を行う.

自治会が「自治会が提示する現棟改修3案(京都市条例適用案・RC接合案・建替え案)に対する当局の見解」「耐震調査」「施設部など専門家と話し合う場の設定」などについて川添副学長に聞いたところ「検討します以上の答えはない」と回答.これに対し寮自治会が「前回交渉から1か月半経っているのに『検討します』以上の答えがないのは,当局の怠慢」と言うと川添副学長は「怠慢と言われれば怠慢かもしれませんね」などと発言*9.これらが事実であるのなら極めて不誠実で寮生を馬鹿にしたような態度は教育者として問題では?

2018年9月4日

自治会が次回交渉の日程を提示するよう要求したが寮自治会が同様の説明と質問を繰り返すだけで,建設的な話し合いが困難であることや寮自治会が秋期入寮選考を行う旨を公表したことを理由に吉田寮自治会との交渉を拒否*10

在寮期限,残り3分.

ぼくのかんがえ

以上の記述について

ここまで基本方針発表からの一連の流れを書いてきたけど,最初に明記した通りぶっちゃけこれ京大側の主張ガン無視なんすよねw
まぁ意図的っちゃ意図的なんやけど.ってのも普通に吉田寮問題について知った一般の人が大学当局の主張と寮自治会の主張が食い違ってた時にどっちを信用するかって言ったら一目瞭然で,申し訳ないんだけれどもそれは寮自治会じゃないんですよね.大学ってゆー大きくて社会的に信用されやすい組織相手だもん,仕方ないよ.だから初見で「は?大学おかしいやろ!」くらいの印象を持ってもらうと丁度いいくらいに大学と寮の意見が対等に見て貰えるんやないかなぁって.くっそ適当な根拠のない考えなんだけどね.あ,いちよ僕は寮自治会が正しいって言いたい訳やないよ.まぁ,どうせこの記事がそんな多くの人に見て貰える訳やないから関係ないんだけど.

ぶっちゃけどーなるのかな,吉田寮

ところでこんなツイートがあった.

僕は頭の悪い高専生なので法的措置とかそーゆーのよく分からないけど,川添理事が交代になったところで大学は変わらない.副学長は変わっても大学は変わらない.結局これも厳しいんやないかなぁって思うな.まぁ自分の考えのように語ってるけど引用したツイート内で”針の穴を通すような可能性”って言ってるからね,いちよ.
まぁとにもかくにも申し訳ないけど僕には勝てるようには見えない.それでも僕は吉田寮を応援してるし,なんとしても生き残って欲しいって思ってる.だってほんとにいいところなんだもん,吉田寮ってさ.まぁ数泊したくらいで吉田寮を熟知しているって訳やないけどw
でも寮生みんないわゆる幸福度的なやつ測ったら結構高い気がするし,凄く居心地が良かったんだ.僕も京大に行く頭があれば京大行って吉田寮に住みたいもん.多分留年するけど.あ,そうだ.そう言えば11月くらいに学校休んで1週間くらい吉田寮行くつもりなんで,その時はお願いします!ワンダーウォール見たらまた行きたくなっちゃった てへぺろっ!
で,何の話やっけ?
あぁそう,吉田寮はいいところだよって話やおね.ちなみにさっきTwitterでみかけたんやけど(安定の行き当たりばったり感)

だってさ.僕みたいにいいところだあーなくなんないでほちいなあーとかとは比べ物にならない語彙力.ってかこれを語彙力ってゆーのも違う気がするけど語彙力なくて何て言えばいいのか分からんわw
ちなみに関係ないけど駒場寮があれば良かったのにね.東京のそれなりにいいところに1泊100円やで.

おい!!

いや,ここまで散々吉田寮はいいところだから無くしちゃだめだ!的なこと言ってきたの全部「いやぁ,吉田寮は京都に安く泊まれていいなぁ...」とかゆー理由で喋ってたみたいになるやろ,お前.ちょっとは考えろよ!

はい...すみません...
まぁでも実際駒場寮は行ったこともないからさ.知らないんだよ.三鷹寮がどんなとこかも知んないし駒場寮じゃないと駄目な理由なんて分かんないだろ!
そんで話戻すけど,てか戻る話もないくらいぐちゃぐちゃだな.もーめんどいし,話かえよ.

対話を根幹とした自由の学風かっこわら

最近の京大って何なんだろうね.タテカンといい吉田寮といい話し合いの場を持たずに一方的な決定を行うくせに”対話を根幹とした自由の学風”だってさ.話し合いに応じないなら応じないでいいけど,それなら対話を根幹とした自由の学風とか言うなよ!

この頃の京大はどこ行っちゃったんだろーね.寂しいよ.別に京大関係者でもないから関係ないけどさw

川添理事だってそうだよな(急に何の話?).担当者が変われば方針が変わるのは当たり前のこと的な発言してた気がするけど,確かにそれはそう.だけどさ,前任者が結んだ確約を無かったことにしていいのとは違うだろ.前の確約を撤回するなら,そのような説明や話し合いの場を設けるべきなんじゃないのか?それもしないで担当変わったから前の確約なんて知りませーンって偉そうに.ま,偉いんだけどさ.偉いからこそ,そんな風に権力で捻じ曲げようとするなんて駄目なんだって.寮側の主張を正しいと仮定して喋るけど,あんな「曖昧っちゃ曖昧かもね」とか相手を対等に見てない馬鹿にしたように,何か喋ってんなーみたいな態度くっそ感じ悪いよ!
まぁ寮側の主張がどこまで事実か分かんないんだけど,少なくとも大学が一方的に「基本方針」を発表したこと,それに対し当事者である寮生が納得していないにも関わらず話が進んでいるってことは間違いないこと.団体交渉を認めなかったのも事実だし,その上傍聴も認めないなんてされたら大学のこと信用しづらいよ.

後半戦くっそぐちゃぐちゃしてて非論理的かもしれない文章を書いてきたけど,そろそろ寝たいんでまとめ書いて終わるわ.規則正しい生活送ってるやろ,僕.

まとめ

僕は別に京大生でも吉田寮生でもない.
でも僕はあの場所がなくなって欲しくない,そう思うんだ.どうしてか何となくそう思うんだ.
あの場所は僕に何かを語りかける...






お,いい感じに締まったくね?っとか言ってるけどみんな言ってることを自分の意見っぽくイキって書いてるだけのくそ記事やんw
そんな事より明日の朝9時に当局にこの記事撤去されてそう...

関連リンク

吉田寮公式サイト

市民と考える吉田寮再生100年プロジェクト 提案募集

自由と平和のための京大有志の会 – 「安保法制」、言論への威圧発言、大学への君が代、日の丸の強制、等、この間の安倍政権による平和の破壊、学問の愚弄、憲法の蹂躙を止めさせ、新時代の自由と平和を創造するために、このたび「自由と平和のための京大有志の会」を結成しました。学生、職員、教員たちで、勉強会や集会を通じて言葉を紡ぎ、京都から発信していきたいと思います。発起人:石井美保、岡真理、岡田直紀、小関隆、駒込武、小山哲、坂出健、田所大輔、藤原辰史、松田素二、水野直樹、歴史と今を考える会(学生団体)

京都大学

京都大学吉田寮 - Wikipedia

参考文献

*1: 確約集 - 吉田寮公式サイト

*2:京都大学吉田寮 - Wikipedia

*3:150212確約書 - 吉田寮公式サイト

*4:吉田寮生の安全確保についての基本方針 — 京都大学

「吉田寮生の安全確保についての基本方針」の策定・実施について — 京都大学

「吉田寮生の安全確保についての基本方針」にかかる補足説明 — 京都大学

*5:20171226 「吉田寮生の安全確保についての基本方針」に対する抗議声明 - 吉田寮公式サイト

*6:声明 - 吉田寮公式サイト

*7:150212確約書 - 吉田寮公式サイト

*8:吉田寮祭 on Twitter: "吉田寮自治会は6/29に「交渉申入れ」として当局に提出し、川添理事直々にこれを「受理しました」との返答がありました。そうして設定された交渉現場では、川添理事は「これは交渉ではない」「君たちと合意形成をするつもりはない」と発言しました。" このツイートとリプ欄参照のこと

*9:吉田寮祭 on Twitter: "まず吉田寮自治会が「記録のため動画撮影を行いたい」と提起。前回交渉で実際にあった川添理事の恫喝や「交渉ではない」「合意形成はしない」発言など、権力が強い側の居直りを抑制する場作りの努力の一つとして必要性がありますが、当局は権力差を埋める努力の対案も特に示さないまま、断りました。" このツイートとリプ欄参照のこと.

*10:吉田寮自治会との話し合いについて — 京都大学

フォローする