危ないぎょーざの固有方程式

危ないぎょーざの固有方程式

エリート留年候補生のブログ

みんなで一緒に設計やりたいな...

突然ですが僕の部活、ロボット研究会は設計部・加工部・電気部という3つの部署に分かれて活動しています。僕、危ないぎょーざは設計部です。

どのようにそれぞれの部署に分かれるかと言うとまず1年生の段階で希望をとった上で、2年生の初めに課題の出来やそこまでの過程を見て3年生以上が決めます。(必ずしも希望の部署に入れる訳じゃない。というか毎年一定数は希望していない部署となる。)基本的にそこで決まった部署は2年生から4年生まで3年間変わりません。

その部署分けが今日行われた訳なんですが、僕は3年生以上ということで2年生の子達をどの部署に配属するか考えるんですけど

つらいね...

だって2年生の子達みんな一生懸命に課題とかやってきてるのも知ってるし...

かと言って全員を希望の部署に入れてあげられる訳じゃないし...

僕は2年生の時に希望が叶った立場なんだけれど、一緒に必死に頑張ってきた友達の希望が叶わなかったこと「何で僕が良くてあいつが駄目なの?」って思った、納得出来なかった、辛かった。当然、本人たちは言うまでもないですよね。でも、今わかることは当時部署選考した先輩方も同じように辛かったんだろうなぁってこと。その子の3年間、その子のロボコンを自分たちが決めてしまうんですよね。それでも設計部のため、チームのため、部活のためには仕方ないことだし、正直どうするのが正しかったのかなぁって今でも思いますね。

例えば内の部活伝統の某鬼畜課題ですが、あれは3日で終わる人もいれば1年かかる人もいる。努力の量に結果は比例しないとはまさにこのことで納期を過ぎたことも責められないし、ましてや2年生の子が「諦めかけてる自分がいました。」って答えてもそれを叩くことはできないんですね。僕は運が良かったのか比較的早く鬼畜課題が終わった身なので、終わりの見えない鬼畜課題と戦ったことはないし自分が同じ状況だったら諦めてるだろうなって思うんですよね。だからほんとはよく頑張ったねって言いたいくらいなんですよ。

まぁこれ以上は部活の機密情報に関わってくるのでやめますが、僕らも敢えて不採用にしたい訳じゃないんですよ。部署分けは先輩にも後輩にもお互いにとってつらい行事なんですよね。また来年もあるのかと思うと気が重いですね。もういっそのこと

部活内に人事部とか新設して丸投げしちゃおうぜ!

フォローする